日給製と日給月額制の違いについて

皆さんは日給制と日給月額制の違いを知っておられるでしょうか。日給制についてはわかっても、日給月額制とは何か、またその違いについてご存じの方は少ないかもしれません。どちらも求人情報にはよく出てくるキーワードです。よく出てくるキーワードではありますが、その内容をよく理解していない方が大半であるのが現実ではないでしょうか。しかし、その違いや支払い形態について知っておくことは他のだれでもない自分のためですので、しっかり押さえておくことが必要です。

まず、日給制とは働く側において働いた日数に応じてその給料を支払われる制度です。働いた日数分だけお給料をもらえることはメリットではありますが、その分働かなければお給料が少なくなりますので、お給料を多くもらえるかどうかは自分の頑張りによって左右されます。日給制については、自分の頑張り次第でお給料が上がるメリットと、体調がわるかったりしたときに休んだ場合などはお給料がもらえず、不安定であるというデメリットもあります。

日給月額制については、もともとに定められたお給料額から欠勤や休暇をとった場合にその分を差し引かれる制度です。日給月額制は欠勤などをしなければ減給はされませんので、会社を休んだり、遅刻したりしなければ毎月安定したお給料をもらうことが出来ます。


Copyright(c) 2017 日給の仕事のいいところ All Rights Reserved.